ご挨拶

​一般社団法人フィジカル&ムーブメントトレーニング協会(PMTA)のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

私が、漠然と「トレーナー」を目指してこの世界に飛び込んだのは、18歳のときでした。大学時代からたくさんの選手やスタッフに囲まれ様々な経験をさせていただきました。当時はトレーナーのカリキュラムなどもなかったため、自分で本を読み漁ったり、先輩に聞いたりして勉強し、現場実習を積み重ねて成長していくことが良しとされていました。

「トレーナー」と呼ばれる仕事には、実はたくさんの職種があります。

スポーツ選手の安全管理を行うアスレティックトレーナー、スポーツ選手や愛好家のトレーニング指導をするストレングスコーチ、一般の方のトレーニング指導をマンツーマンで行うパーソナルトレーナー、ボディワークを行うヨガやピラティスのインストラクター、様々な名称のつくセラピスト・・・

PMTA認定パーソナルトレーナー(R)は、老若男女誰でも対応でき、健康で快適な身体に導けるような「トレーナー」を目指しています。

トレーナー自身の括りによって、クライアントを選ぶのではなく

世の中にたくさんいる身体のことで困っているクライアントから選ばれる存在でありたい。何か身体で疑問に思うことがあったら「トレーナーさんに聞いてみよう」と思ってもらえる病院に行く前にトレーニングをしながら相談に乗ってもらうような立場でいたい。

そのためには、ある程度の一定水準(Standard)を持ったトレーナーがもっと必要です。これからの現代社会において、トレーナーの存在価値は上がっていくでしょう。

 

PMTAは、単なる「ボディメイク」や「競技者のためだけの」トレーナーではなく健康で、快適な身体を手に入れられる人をもっと増やすことのできる​トレーナーを育成し、人々に健康で快適な身体と動きを伝えていきます。

PMTAロゴ:黒は男性を、ピンクは女性を、青は子供を表し、老若男女が手を取り合って健康に動いている様子をイメージしています

プロフィール

井上 かなえ (Kanae Inoue)

NATABOC認定アスレティックトレーナー/PHIピラティスマスタートレーナー/NASMパフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/NASMコレクティブエクササイズスペシャリスト/TCS認定コーチ

 

経歴

 

大学時代から学生トレーナーとして活動。

大学卒業後、アメリカネブラスカ州オマハに大学院留学。

University of Nebraska at Omahaでアスレティックトレーニング学科プログラムに入学し、同大学のスポーツチームで活動、NBAマイナーリーグやWNBAでのインターンを重ね、プロレベルのチームでも活動。テキサス州にあるWNBAチームヒューストンコメッツでシーズンインターン。

 

2010年日本に帰国し、

バスケットボールWリーグ所属であった日本航空JALラビッツにて

アスレティックトレーナー兼ストレングスコーチに就任。

Wリーグ5位で長い歴史あるチームの最後を見守る。

 

2011年からフリーランスに転向し東京都内や関東各地で

ピラティスの要素を組み込んだ健康運動指導やパフォーマンスアップトレーニング

プライベートセッションを行っている。

 

「健康的でしなやかなバランスをつくるためのカラダづくり」をテーマに、

ウエイトトレーニング、ピラティス、ストレッチや手技を用いて

幅広い年齢層のクライアントにパーソナルセッションを行っている。

顧客の7割は「運動が苦手だけどキレイになりたい」女性。

 

女性アスレティックトレーナー・パーソナルトレーナー・ヨガ・ピラティスインストラクターが

ライフイベントに左右されながらも働き続けることができる

自立した「働き方」を模索しながらフリーランスとして活動

 

生き生きとライフスタイルに合わせて働く女性を増やすために自身のスポーツ医科学の知識、スポーツ現場やパーソナルトレーニング・ピラティスセッションで培った実践な指導力、お客様に選ばれるコミュニケーションや接客方法などを取り入れたパーソナルセッション講座にて「美トレ・インストラクター 」を養成し、自分自身もお客様も美しくできる女性トレーナー・インストラクターの育成・教育に務めている。

 

実践体験型トレーナー「美トレインストラクター」 養成講座主宰。

© 2016 Physical and Movement Training Association Copyright Reserved.